さいたま市大宮区で三代60年の北田鍼灸院のブログ

さいたま市大宮区で三代60年の信頼と実績を誇る「北田鍼灸院」の三代目、のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

鍼はどうして効くのでしょう?

鍼を体に刺しただけで、痛くが軽くなる、コリがほぐれる。
これって、不思議ですよね。
どうして治るのでしょう。

鍼に薬が塗ってある?
あやしげなマジナイか、宗教じみたもの?
プラセボ?

いえいえ、違いますよ。
体のしくみをうまく利用しているのです。

鍼は、体にとっては、異物です。
異物が体に侵入する時、微細な傷がつきます。
その傷を修復しようとして、血流が流れます。

また、体全体で、異物に対する抵抗を強めるために
白血球などの免疫力を高める反応を起こします。

結果、鍼を刺した局所の血流が良くなり
抵抗力が増す、ということになるのです。

鍼は、皮膚の上からの刺激では届かない
奥の奥のコリに、直接到達させることができます。

血流によって、組織を修復する材料が運ばれて
奥の傷ついた筋肉や神経が修復されたり
痛みを発する物質が血流によって洗い流されたり
硬くガチガチになった筋肉の、うっ血した血液の流れを良くし
栄養や酸素を送り込み、柔らかくすることができます。

また、全身の抵抗力が増すことで、
風邪などの病気にかかりづらくなり
健康維持にも役立ちます。

治療に使う鍼は、非常に細いので
体につける傷は、出血も無いくらいに微細で
ほとんど問題にならないので、
良い反応だけを引き出すことができるのです。

以上のものは、鍼灸がどうして効くのかの、ごくごく基本的なことで
過去には、様々な科学的な実験や検証が行われております。

その結果、筋肉のみならず、
胃腸や肝臓などの消化器系、
心臓、血圧などの循環器系、
腎臓、尿路などの泌尿器系など、
内臓や骨、神経等、全身に影響を及ぼすことが分かっており
それを利用して、様々な体の不調に対応できるのが
鍼灸治療なのです。

下記にその実験の一部が記載してありますので
ぜひご覧ください。
鍼による身体の変化(主に血行、筋肉について)

次は、鍼灸がどうして内臓の不調にも効くのかを
ご説明しますね。
鍼はどうして効くのでしょう?2
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014年12月04日 09:10 ] カテゴリ:鍼灸の実証 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
さいたま市大宮区で
50年以上の実績と信頼を誇る
北田鍼灸院の三代目
北田智徳のブログです。

日記、施術内容等、様々な記事を
載せております。

当院の詳細については、
ホームページをぜひご覧下さい。

kitadasinkyuin

Author:kitadasinkyuin
FC2ブログへようこそ!

時刻
フリーエリア
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。