さいたま市大宮区で三代60年の北田鍼灸院のブログ

さいたま市大宮区で三代60年の信頼と実績を誇る「北田鍼灸院」の三代目、のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

鍼はどうして効くのでしょう?2

鍼灸は、筋肉のコリや痛みを治すだけでなく
内臓の機能を調整することもできます。

おなかが痛くなること、ありますよね。
あれは、胃腸の痛みを直接感じているのではなく、
炎症などの不調が起きた、という信号が、皮膚などの体の表面に伝わり
痛みとして現れていることが多いのです。

専門的には、内臓体性反射といいます。

逆に、体の表面への刺激が、内臓に影響を及ぼす、というものもあります。
これを、体性内臓反射といいます。

いわゆる「ツボ」というものは
昔の人々が、この反射を、経験から探り当てたものなのです。

鍼灸は、体の内面を治療する際には
体の表面に現れたツボの異常を、つぶさに感じとり
丁寧に診てゆくのです。
たとえば、硬く張っている部分には、鍼でじっくりとほぐし
冷えて力ない部分には、お灸で温めるなどです。

刺激の場所や強弱によって、弱っている部分を強くしたり
強く働きすぎてしまっている部分を鎮めたりすることもできます。

これにより、胃腸だけではなく、血圧、自律神経、視力(疲れ目など)
免疫力、肝機能、腎機能、果ては性機能に至るまで
様々な箇所の機能を、調整することができるのです。

なんだか体の調子が悪い。
でも、検査では異常が見られない。
そういった症状に、鍼灸が強いのは
こういった施術ができるからなのです。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2014年12月08日 10:18 ] カテゴリ:鍼灸の実証 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
さいたま市大宮区で
50年以上の実績と信頼を誇る
北田鍼灸院の三代目
北田智徳のブログです。

日記、施術内容等、様々な記事を
載せております。

当院の詳細については、
ホームページをぜひご覧下さい。

kitadasinkyuin

Author:kitadasinkyuin
FC2ブログへようこそ!

時刻
フリーエリア
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。