さいたま市大宮区で三代60年の北田鍼灸院のブログ

さいたま市大宮区で三代60年の信頼と実績を誇る「北田鍼灸院」の三代目、のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

鍼灸の歴史

体の痛い箇所を
手で押さえたり、さすったりする。
まだ文明が無い時代の、初期の治療は
そのようなものだったのでしょう。

いつしか、手でさするよりも、何か尖ったものを当てると
より効果的に痛みが取れたり
暖かいもの、たとえば日光にさらされた石などを当てて温めると
腹痛が楽になる、というように
道具を使った治療を試みるようになってゆきます。
これが、鍼灸の原点となりました。

鍼灸が記録として残っている、もっとも古い書物に
2000年以上前に記されたと言われる中国の「黄帝内経(こうていだいけい)」という本があります。
鍼灸のみならず、漢方、気功、薬学、易学などを記した
当時の最先端の科学書ともいえるものでした。

この書物の中には、刺す鍼だけでなく
メスのように切る鍼、非常に太く強い刺激を与える鍼
逆に全く刺さない鍼など、様々な種類の鍼が登場します。
また、経穴(ツボ)や、それをつなぐ経絡
治療によっておよぼす作用なども記されています。
つまり、2000年以上前に、すでに完成され、体系づけられていた治療なのです。

日本にも、道具をもちいた医療は存在したものの
体系的な医学とまではいかず
西暦500年~600年頃、遣唐使や遣隋使の時代に
中国から鍼灸や経絡などの書物が伝わり、本格的な鍼灸治療が施されるようになりました。

中国から伝わった鍼灸を、日本人は独自に改良させてゆきます。
江戸時代には、杉山和一(わいち)という人物により、管鍼法という技術が生み出されました。
針よりやや短い筒の中に、針を入れて
患者の皮膚に押しあて、筒から少しだけ出た針の頭を
指で叩いて針を入れるという技術で
針を入れる際の、痛みの大幅な低減に、成功しました。

道具も洗練されてゆきます。
鍼はより細く、先端は痛みが少ない形に加工され
材質も、折れにくく耐久性にすぐれたステンレスが主流になり
灸は、もぐさの繊維がこまやかになり
小さくひねりやすくなることで、熱さを感じにくくなりました。

現代では、オートクレーブ(高圧蒸気滅菌)による処理や、使い捨ての鍼も一般的になり
感染対策も万全になりました。

鍼や灸が、なぜ効くのかも世界中で様々な実験が行われており
今後も新しい発見がなされ
より明確に、わかりやすいものとなってゆくでしょう。
古くて新しい治療法、それが鍼灸なのです。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2014年12月15日 15:18 ] カテゴリ:鍼灸の実証 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
さいたま市大宮区で
50年以上の実績と信頼を誇る
北田鍼灸院の三代目
北田智徳のブログです。

日記、施術内容等、様々な記事を
載せております。

当院の詳細については、
ホームページをぜひご覧下さい。

kitadasinkyuin

Author:kitadasinkyuin
FC2ブログへようこそ!

時刻
フリーエリア
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。